スロットマシン

ABOUT

グローカル人材開発
センターについて

グローカル人材開発センターを知る2つの公式

1. GLOCAL = GLOBAL+LOCAL
 グローバルな視点(dian)で世界基(ji)準の意識を持ちながら、軸足を置くローカルの目(mu)指すべき社会(hui)の未(wei)来(lai)を自(zi)ら考える、世界を見(jian)据(ju)えながら地域経(jing)済(ji)・社会(hui)の持続的な発展に情熱を注(zhu)ぎ、活(huo)躍する「グローカル」な人材を育んでいきたい。グローカル人材開発センター(以下:略(lve)称 グローカルセンター「GC」)は、そのような想いに共感する京都の大学、経(jing)済(ji)界、行(xing)政機関等がタッグを組み設(she)立された認(ren)定(ding)NPO法人です。「風通しのよい社会(hui)を創(chuang)る」を理念に、未(wei)来(lai)の象徴である若者(zhe)一(yi)人ひとりの色が発揮(hui)され、多(duo)様な個が自(zi)由に幸せに生きる開かれた社会(hui)の創(chuang)出を目(mu)指し、2013年から活(huo)動しています。

2. “Y”× “X”:Something(なにか) = “CC”
“Y”: Youths(若(ruo)者(zhe))と “X”の掛け合わせの中から、真(zhen)に自由(you)闊達な都市、“Creative City”が育(yu)まれる。GCの「グローカル人(ren)材」育(yu)成は主(zhu)に高校(xiao)生、大(da)学生、若(ruo)手(shou)社会人(ren)を対象に教育(yu)の実践化を図るものです。アクティブラーニング(以下(xia)「AL」)、PBL(課題解決型学習)をはじめとする、若(ruo)者(zhe)のための研修事(shi)業をしかけ、一(yi)人(ren)ひとりの変化を促す学びと実践の場を提(ti)供することで、個人(ren)の生き方の選択肢(zhi)を拡げたいと考えています。

なぜNPOなのか

NPOは、持続可能な社会を目指し、広く公益の増進に寄与することを目的とする団体です。

ではその公益とはなんでしょうか。
私たちはそれを人づくり(人材の育成)への投資であると捉えています。

人材育成や教育は本来時間のかかるものであり、収益を目的とした短期的なアウトプット(結果)が求められる商業活動に当て込むべきものではない。
そんな想いの元、長期的なアウトカム(成果(guo))を基(ji)軸に立案された活動(dong)と事業をもって直(zhi)接的に社(she)会に還元していくには、NPOという形をととることで誰(shui)よりもシームレスな人材育成を行っていけるのではと考えました。

今や「学び」は学校(xiao)や企業だけでは完結しない。産学公民(min)を結びながら、現(xian)場(chang)と教(jiao)室の往(wang)復する学びをデザインしています。

代表理事 行元の原点

代表理事である行元沙弥自身が大学在学時に抱いた原点となる問い(QUESTION)は、「ワンクリックから始まる機械的な就活。それが社会と若者の接点でいいのか?」というものでした。
外部基準に翻弄される若者。社会性・社会的意義・社会的価値など、現代の就職・採用マーケットにおいて数値化しづらい「豊かさ」に光をあて、
「大都市の大企業で働くことが豊かなのか?」
「地域社会でPBLを通じた体温のある京都企業に触れると学生の進路選択にはどんな変化がみられるのか?」
という問いを繰り返し自(zi)問自(zi)答しながら、在学時(shi)から地域社会で生きるという選択肢が獲得(de)できるような事業を仕掛けてきました。

そうした強靭な自律した若者の個の育成を積み重ねる中で、彼らを受け入れる側の社会の変容・変革も求められているのではという想いが強くなり、
「VUCA時代において本当に必要な人材とは?」
「大学を出たら就職は世界的な標準なのか?」
等、社会人(ren)も交えた柔軟な生き方、あり方、働(dong)き方を議論するようになりました。

大(da)学生(sheng)(sheng)と地元企業のマッチングだけではなく、もっと広域に、人(ren)生(sheng)(sheng)における自身の望む未来(lai)を起点にした、個別化された豊かな「問い」を生(sheng)(sheng)み出すことのできる人(ren)を増(zeng)やしていきたい。

そうした転換期を迎え、今改めて取り組むべき課題を「無関心と思考停止」と捉え、
・知らない
・興味がない
・表現ができない
の3要素をくすぶらせている高校生、大(da)学生、若手社会人の意(yi)識と価値観の変容を促(cu)す事業を進めています。

異なるものに触れ、自(zi)分(fen)を客観視し、自(zi)らの気(qi)づきが生まれやすい環境(jing)をつくる、外(wai)国の文化に触れて自(zi)国の文化に気(qi)が付くように、GLOCALが教室(shi)や社内を社会にみたて「異質なものが交わる場」を創(chuang)出することで、そのインパクトを若者の声(sheng)とアクションをもって長(chang)期(qi)的に教育・経済(ji)にもたらしていきたいと考えています。

LOGIC MODEL

OVERVIEW 団体概要

組織名
特定非営利活動法人グローカル人材開発センター
設立年月日
2013年2月15日
所在地
<事務局>
〒602-8061京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造会館2階
<Students Lab Office>
〒604-8006京都市中京区下丸屋町390-2 QUESTION5階
連絡先
Tel:075-411-5010 Fax:075-411-5011
Email:info@empleoperfecto.com
設立趣意書・定款
設立趣意書(PDF)
定款(PDF)

BOARD MEMBERS 役員紹介

代表理事
特定非営利活動法人グローカル人材開発センター
行元 沙弥
専務理事/事務局長
京都産業大学法学部 教授
中谷 真憲
理事
京都商工会議所 会員部長
柴 隆利
理事
一般社団法人京都経営者協会 専務理事
上田 清和
理事
一般社団法人京都経済同友会 理事 事務局長
下間 健之
理事
公益社団法人京都工業会 理事 事務局長
金井 進
理事
一般社団法人京都中小企業家同友会 理事・事務局長
田島 慎也
理事
シリウス・インスティテュート株式会社 代表取締役
舩橋 晴雄
理事
京都信用金庫 専務理事 本部長統括
丹波 寛志
理事
京都大学大学院人間・環境学研究科 教授
佐野 亘
理事
福知山公立大学地域経営学部 准教授
杉岡 秀紀
理事
京都文教大学総合社会学部 准教授
黒宮 一太
理事
龍谷大学政策学部 教授
村田 和代
理事
静岡県立大学グローバル地域センター 客員教授
東郷 和彦
監事
税理士法人まえの・前野公認会計士事務所 所長
前野 芳子
監事
京都産業大学現代社会学部 教授
宮木 一平
相談役
京都信用金庫 理事長
榊田 隆之
シニアフェロー
石津 友啓

※2023年6月時(shi)点

HISTORY 沿革

2011

3 月一般社(she)団(tuan)法人(ren)京都経済同(tong)友会提言文書(shu)の策定

10月・京都産業大学(以下、京産大)において中谷(京産大法学部教授/現GC事務局長)の「若者未来づくり政策センター(仮称:後にグローカル人材開発センターに改称)」構想が承認される。
・京(jing)都経済同友会の「大学のまち・京(jing)都」を考える特別委員会(前代(dai)表榊(榊)田が当(dang)時の座長を務(wu)めた)のもとに「京(jing)都における産学公連携(xie)支援のあり方(fang)を考える調査・研究会」が設置

12月京産大内にNPO設置(zhi)準備(bei)室を開(kai)(kai)設。中谷及び行元(yuan)(現GC代表理事)を含(han)む学生2名が戦略立案や定款作成などの実(shi)務を開(kai)(kai)始。

2012

1月上記研(yan)究会で、特定非営利活(huo)動法(fa)人(NPO法(fa)人)「グローカル人材開発センター」の設立提案がなされ、構想の検討(tao)を開始

4月上(shang)記研究会の発案による“京(jing)都の4大学(院)における職業(ye)教育協力講義”が、京(jing)都経済4団(tuan)体の共同事(shi)(shi)業(ye)(パイロット事(shi)(shi)業(ye))として開始(shi)

5月京都経済同友会(hui)「大学のまち・京都」を考(kao)える特別(bie)委員会(hui)においてNPO法(fa)人(ren)「グローカル人(ren)材開発(fa)センター」の設立計画が提案され審議、承認

6月文部(bu)科学(xue)(xue)(xue)省「H24年(nian)度大学(xue)(xue)(xue)間連(lian)(lian)携(xie)共同教育推(tui)進事(shi)業(ye)(ye)(ye)」に京(jing)都産業(ye)(ye)(ye)大学(xue)(xue)(xue)を幹事(shi)校、京(jing)都府立大学(xue)(xue)(xue)・京(jing)都文教大学(xue)(xue)(xue)・佛教大学(xue)(xue)(xue)・龍谷大学(xue)(xue)(xue)の4大学(xue)(xue)(xue)を連(lian)(lian)携(xie)校として応(ying)募(mu)。京(jing)都経済四団体も参画する事(shi)業(ye)(ye)(ye)とし事(shi)業(ye)(ye)(ye)名を「産学(xue)(xue)(xue)公連(lian)(lian)携(xie)によるグローカル人(ren)(ren)材の育成と地域資格制(zhi)度の開(kai)発」とする。 同事(shi)業(ye)(ye)(ye)の中で、産大のNPO構想と同友(you)会の就職(zhi)支援機構提(ti)案を一体化したNPO法(fa)人(ren)(ren)「グローカル人(ren)(ren)材開(kai)発センター」を設立し、同事(shi)業(ye)(ye)(ye)の事(shi)務局、資格発行元および産学(xue)(xue)(xue)公連(lian)(lian)携(xie)活動拠点(dian)となすことで合意(yi)(京(jing)都経済同友(you)会「大学(xue)(xue)(xue)のまち・京(jing)都」を考え る特別委員会とも合意(yi))。

9月(yue)大学間連携(xie)共同(tong)教(jiao)育推進事(shi)業(ye)の採(cai)択が決定、事(shi)業(ye)開始。準(zhun)備室の職員を増員。

10月・京都経済4団体、企業、大学に所属する16名による発起人会開催
・文(wen)部科学(xue)省採択事業(ye)「産学(xue)公連(lian)携によるグローカル人材の育成と地域資(zi)格(ge)制度(du)(GPM)の開発事業(ye)」 開始(事業(ye)期間は2012~16年(nian)の5年(nian)間) ※連(lian)携6大学(xue)と現在も継続中(zhong)

11月NPO法人「グローカル人材開発センター」設立総会を開催
NPO法人(ren)「グローカル人(ren)材開発センター」設立認証を京都(dou)市に申(shen)請

2013

2月・京都市からNPO法人「グローカル人材開発センター」設立認証書を受ける
・NPO法人「グローカル人材開発センター」設立登記を法務局に申請
・特定非営利活動法人グローカル人材開発センター 設立
・設立(li)代(dai)(dai)表(biao)者中谷(gu)(発足後事(shi)務局長(chang))、初代(dai)(dai)代(dai)(dai)表(biao)理事(shi)榊田氏(shi)就任。

5月京都府「京都ギャップイヤー事(shi)業(ye)」受託(3年間(jian))

11月京都市「『人(ren)材育(yu)成型(xing)』ソーシャルビジネス等育(yu)成事業」受託(1年間)

12月国際シンポジウム「OECD-LEEDプログラム協働研究プロジェクト
地域再活性(xing)化のためのスキル訓練環境」 共同開催(於(wu):京都)

2014

2月「第(di)1 回グローカル人(ren)材(cai)フォーラム」 開(kai)催(cui)

10月(yue)OECD-LORC主(zhu)催(cui)国(guo)際シンポジウム「京都(dou)アライアンスとレジリエントな都(dou)市圏」 共同開催(cui)(於:フランス)

2015

2月「第(di)2回(hui)グローカル人材フォーラム」 開催

4月GPMプログラム開始

5月・京都市「京都企業と連携した次代の京都を担う人財の育成事業」受託(継続中)
・京都市「屋外広告(gao)物印象評価等調(diao)査業務」受(shou)託(1年間)

10月大学コンソーシアム京都「住環境(jing)・就職支援等留学生の受入(ru)環境(jing)充実事業」受託(5年間) 

11月留学生の就職・採用支援事業開始(大学コンソーシアム京(jing)都(dou)協力(li))

12月(yue)職(zhi)業(ye)紹介事業(ye)許可の取得(de)

2016

2月「第(di)3回(hui)グローカル人材(cai)フォーラム」開催(cui)

3月地域職能資格グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)資格発行開始

4月・仮認定NPO法人制度における「仮認定」(現名称:「特例認定」)の取得
・京都府「ワーク・ライフ・バランス推進企(qi)業(ye)宣言」登録

7月寄附・賛助(zhu)会員(サポーター)制(zhi)度(du)導入(ru)

9月・内閣府「地方創生カレッジ事業」受託(2年間)
・グローカルセンター「ファンの集い」開始

11月「CSOアワード2016」20周年特別賞・オーディエンス賞受賞

12月異業種合同研修(GLOCAL SHIFT CAMP)、
その他研修(xiu)事業開始(shi) 

2017

1月「経(jing)済(ji)産(chan)業省主(zhu)催キャリア教育アワード」コーディネータの部 奨励賞受賞

2月「第4回グローカル人材フォーラム」開催

4月京都市「来日直後の留学生を支援するウェルカムパッケージ事(shi)業」受託(1年間(jian))

6月京丹(dan)後市「京丹(dan)後未来会議コーディネート事業」受託 (3年間)

8月京都市「留学生の就職支援・マッチング事業」 (継続中)

2018

2月(yue)「第5回グローカル人材フォーラム」開催(cui)

4月事務所移(yi)転(現(xian)住所)

5月(yue)グラフィックレコーディング事業(ye)開(kai)始

7月企業(ye)・行政(zheng)向け等社員研修事(shi)業(ye)開始

2019

2月「第6回(hui)グローカル人材フォーラム」開催

4月認(ren)(ren)定NPO法(fa)人制度における「認(ren)(ren)定NPO法(fa)人」の取得(de)

6月「大学のまち京都(dou)(dou)・学生のまち京都(dou)(dou)」公(gong)式アプリKYO-DENT開発プロジェクト実施

2020

6月代表理事(shi)に行元(yuan)沙弥が就任(ren)

7月三菱みらい育成(cheng)財団「心のエンジンを駆(qu)動するプログラム カテゴリ-2」助成(cheng)事業(ye)採択(高校生対象『Glocal Shift Programme 〜君(jun)が世(shi)(shi)界(jie)を変える、君(jun)の世(shi)(shi)界(jie)を変える〜』)

11月・京都信用金庫QUESTIONビル Core Partnerとして運営開始
・京(jing)都信用金庫QUESTION5階 「Students Lab Office」増設(2拠点運営開始)

2021

2月「第(di)8回グローカル人材フォーラム」オンライン開催

10月公益財(cai)団(tuan)法人(ren)トヨタ財(cai)団(tuan)2021年(nian)度2カ年(nian)国際(ji)助(zhu)成プログラム助(zhu)成事(shi)業採(cai)択 (「気(qi)候(hou)変動と貧(pin)困問題の同(tong)時解決システム構(gou)築(zhu)のため、台湾の”-+モデル”をタイと日本でノウハウ移転を行い各国での展開を図(tu)る」)

2022

2月・「第9回グローカル人材フォーラム」オンライン開催
・京都市北(bei)区「まちづくりプラットフォーム事業」受託(tuo)

4月「グローカル人材論特殊(shu)講義」が京産大法学部(bu)に開講されて10周年

10月京都府(fu)「大学・学生の力発揮(hui)推進(jin)事(shi)業(ye)に係るコーディネート業(ye)務」受託

ご相談、イベント参加、取材依頼、
ご寄(ji)附についてはこちらから