スロットマシン

STUDENTS

GPM
初級地域公共政策士

GPMについて

明日の京都を支える人材をオール京都で育む GPM

「グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)」資格について

 GPM(グローカルプロジェクトマネジャー)は、経済界・企業が求める人材、特に京都やその近隣企業の将来の幹部候補になりうる「グローバルな視点で物事を考える能力を兼ね備えつつ、地域経済・社会(ローカル)の持続的な発展に情熱を注ぐ」人材に求められる能力を具体化した職能資格です。グローカルセンターが資格発行機関となり、一般財団法人地域公共人材開発機構(COLPU)が認証機関となります。 GPMパンフレットについては、こちら(PDF)をご覧ください。

本資格制度の理念と目的 ~社会の第一線で活躍する力を身につける~

本(ben)(ben)資(zi)(zi)格制(zhi)度は、地(di)(di)域(yu)(yu)(yu)社(she)(she)(she)会(hui)を大(da)(da)(da)切(qie)にしながらグローバルな視野でビジネスを実(shi)践できる、「グローカル人(ren)(ren)材」を育成(cheng)するものです。この「グローカル人(ren)(ren)材の育成(cheng)」という目標は、京都(dou)の経済(ji)界(jie)、大(da)(da)(da)学界(jie)、京都(dou)府、京都(dou)市において共(gong)(gong)有されています。GPM資(zi)(zi)格を発(fa)行するグローカルセンターは、京都(dou)経済(ji)界(jie)と大(da)(da)(da)学界(jie)の協働事業(ye)(ye)として設立(li)された組(zu)織です。 グローバル化が進む今(jin)日の企(qi)業(ye)(ye)社(she)(she)(she)会(hui)は、広(guang)く世界(jie)に開かれた視野をもち、かつ主体的で実(shi)践的にものごとを進めていける人(ren)(ren)材を必(bi)要としています。GPMの取得は、大(da)(da)(da)学において企(qi)業(ye)(ye)連(lian)携プロジェクトを含(han)む、厳しく実(shi)践的な学びを修めたことを、企(qi)業(ye)(ye)や地(di)(di)域(yu)(yu)(yu)社(she)(she)(she)会(hui)に証明をする手段となります。 どの企(qi)業(ye)(ye)も、どこかの地(di)(di)域(yu)(yu)(yu)に本(ben)(ben)社(she)(she)(she)や拠点を持ち、人(ren)(ren)を雇用し、地(di)(di)域(yu)(yu)(yu)社(she)(she)(she)会(hui)の一員として活動しています。この意味で企(qi)業(ye)(ye)もまた、地(di)(di)域(yu)(yu)(yu)公(gong)共(gong)(gong)を支える重要なアクターと言えます。本(ben)(ben)資(zi)(zi)格制(zhi)度は、企(qi)業(ye)(ye)の公(gong)共(gong)(gong)的価値や社(she)(she)(she)会(hui)的意義を科目やプロジェクトの中(zhong)で理解してもらうことも大(da)(da)(da)きな目的としています。

GPM・初級地域公共政策士
(グローカル人(ren)材プログラム)資格取得の方法(fa)について

■GPMの取得方法

グローカル人材基本(ben)科目の中から12ポイント、PBL科目(「グローカル人材PBL」)で2ポイント、合計(ji)14ポイントを取(qu)得すれば資格申請(qing)ができます。

■GPM取得のための履修条件
①グローカル人材基本科目とは…

当(dang)該資格に必(bi)要(yao)な要(yao)素(su)(su)を含み、大学独自(zi)の特色ある複数の科(ke)(ke)目(mu)群で体系的(de)に構成されています。 内容要(yao)素(su)(su)(4種(zhong)類)として「公(gong)(gong)共マインド」・「ビジネスマインド」・「グローバルマインド」・「専(zhuan)門知識」、方法要(yao)素(su)(su)(2種(zhong)類)として「双方向(アクティブラーニング)」・「企(qi)業連携」からなります。選択した科(ke)(ke)目(mu)を総合したときに、6つの要(yao)素(su)(su)がすべて含まれていなければなりません。但し「双方向(アクティブラーニング)」の要(yao)素(su)(su)に関しては、「現場性」科(ke)(ke)目(mu)のいずれか一科(ke)(ke)目(mu)を「必(bi)修」とします。 ※基本6科(ke)(ke)目(mu)の履修をすると、初(chu)級地(di)域公(gong)(gong)共政(zheng)策士(グローカル人材(cai)プログラム)の資格を得(de)ることができます。初(chu)級地(di)域公(gong)(gong)共政(zheng)策士について詳しくは、をご覧ください。

②グローカル人材PBLとは…

グローカル人(ren)材基本(ben)科(ke)(ke)(ke)目(mu)で学(xue)(xue)んできたことを活かし、学(xue)(xue)習者(zhe)(zhe)複数名(ming)で構成(cheng)されるグループで課(ke)題解決に取り組む実(shi)践的な科(ke)(ke)(ke)目(mu)です。プログラム登録者(zhe)(zhe)で3科(ke)(ke)(ke)目(mu)以上の①グローカル人(ren)材基本(ben)科(ke)(ke)(ke)目(mu)をすでに履修(xiu)かつ一定(ding)の成(cheng)績(ji)評価を受けている学(xue)(xue)生(sheng)のうち、面接や成(cheng)績(ji)評価等により選抜された学(xue)(xue)生(sheng)が受講生(sheng)となります。

グローカル人材PBL講義

GPM取得で身につく力と就職へのステップ

GPMを取得することで、以下の能力(li)が身(shen)につきます。

① 課題解決力/突破力
 企業地域の課題に対し、調査・分析・フィールドワーク・提案書作成・プレゼンまで行うことで課題を乗り越える力、やり抜く力

② ビジネスマインド/公共マインド
グローバルな視(shi)点で物事を考えるビジネス観(guan)と地域経済・社会(hui)の持(chi)続的発(fa)展に寄(ji)与する公共観(guan)

③ グループワーク力/自立性
複数のグループで取り組み、課(ke)題提案まで行う過程において、協調性やリーダーシップ、自ら行動し発信する力

これらを合わせ持つことにより、社会(hui)の第一(yi)線で活躍する力を身(shen)につけることができます。

 またGPMは、職場等におけるプロジェクトを遂行するうえで、チームリーダーとして、またはチームの一員として主体的に取り組み、課題の発見・解決に導いていくための必要な素養を身につけていることの客観的証明となり、就職活動においても自信を持ってアピールすることができます。なお、GPM取得者は、グローカルセンターが運営する企業との採用マッチングサービスを利用することもできます。
GPM取得者の声についてはこちら(PDF)をご覧ください。

GPM申請について

GPM資格発行手数料: 3,500円+350円(消費税)合計:3,850円

※初級(ji)地域公(gong)共政策士の資格発行手(shou)数料を含む

【※GPMを取得することにより、初級地(di)域(yu)公共政策士を同(tong)時(shi)に取得することができますが、先(xian)に初級地(di)域(yu)公共政策士の認定を受けられた後にGPM認定を申請(qing)した場合は、別途3,500円の申請(qing)手数料が必(bi)要となりますのでご注(zhu)意ください。】

申請方法:
特定非営利活動法人グローカル人材開発センターへ、申請書(申請フォーム)・成績証明書を提出し、手数料をお支払い下さい。GPM申請については、ページ上部の 「GPM資格申請Web申込はこちら(PDF)」をご覧ください。

お問(wen)い合わせは、特定非(fei)営(ying)利活動(dong)法人(ren)グローカル人(ren)材開発センター 事務局(ju) GPM資格担当まで。

「地域公共政策士」地方創生カレッジ受講のご案内特続可能な地域社会づくりを志す「あなた」へ地域公共政策士になろう!

「地域公共政策士」地方創生カレッジ受講のご案内

3つの特徴
 eラーニング受講で初級地域共政策士資格に必要なポイントが取得できます。
 地域公共政策士として求められる能力(課題発見力・課題共有力・課題分析力)が身につきます。
 全国から注目を集める京都の先進的取り組み事例を学べます。

地域公共政策士とは?

地域公(gong)共(gong)(gong)政(zheng)策(ce)士(shi)とは、地域の直面する社会・経済的(de)課題を発見し、情報分析をしながらチームで取り組む力を身(shen)につけることを目標とした資(zi)格制度です。 産(chan)業(ye)界、大学、行政(zheng)、民間(NPO等)との連(lian)携を通じて、地域の様々な課題の解決を目指す人材の育成を目的(de)としています。 大卒レベルの「初(chu)級(ji)地域公(gong)共(gong)(gong)政(zheng)策(ce)士(shi)」と大学院(修(xiu)士(shi)課程)修(xiu)了レベルの「地域公(gong)共(gong)(gong)政(zheng)策(ce)士(shi)」があります(現在本eラーニング講(jiang)座で認定されるのは「初(chu)級(ji)地域公(gong)共(gong)(gong)政(zheng)策(ce)士(shi)」のみです)。

地方創生カレッジとは?

地方創生カレッジ

内(nei)閣(ge)府(fu)の「地方創生人(ren)材プラン」に基づいて開講されるeラーニング講座です。

持続可能な地域社会(hui)をつくるための人材を育成・確保するため、

実践的な知識を提供(gong)するほか、必要に応じて実地研修(xiu)も効(xiao)果的に取り入(ru)れています。

地方創生カレッジを受講(jiang)するとどうなる?

~地域公共政策士認証制度(du)との連携~

地(di)域(yu)(yu)公共(gong)政(zheng)策(ce)士は、一般財団(tuan)法人(ren)地(di)域(yu)(yu)公共(gong)人(ren)材(cai)開発機構が地(di)域(yu)(yu)で活躍する人(ren)材(cai)としての能力(li)を認定(ding)する資格(ge)です。

「Kyoto Alliance」が提供するeラーニング講座(「eラーニング講座一覧」参照)を修了した方は、初級地域公共政策士の資格取得に必要なポイントの認定を申請できます。
※資格(ge)(ge)認定(ding)には、地(di)方創生カレッジ講(jiang)座10ポイントのほか、現地(di)実習(xi)(アクティブ・ラーニング科目)2ポイントの取得が必(bi)要(yao)です。※本(ben)プログラムは、一般財団(tuan)法人地(di)域(yu)公(gong)共人材開発機構の社会(hui)的認証を申請手続きを行い、科目開講(jiang)がされた時期(qi)を含めて資格(ge)(ge)教育(yu)プログラムとしての認証を取得予定(ding)です。ただし、認証評価の結果によっては、本(ben)プログラムから資格(ge)(ge)取得に有効(xiao)なポイントが獲得ができない場合や資格(ge)(ge)申請ができる時期(qi)が遅れる場合があります。予めご了承下さい。

※地(di)域公共政(zheng)策士認証(zheng)制度の詳細(xi)については下記(ji)サイトをご覧ください。

eラーニング講座図解

初級地域公共政策士資格認定へ向けてのステップ

初(chu)級(ji)地域(yu)公共政(zheng)策(ce)士資(zi)格を得るためには、本eラーニングによる10ポイント取得、「Kyoto Alliance」メンバーが提(ti)供するアクティブ・ラーニング科目による2ポイントを取得し(計(ji)12ポイント)、一般財団法(fa)人地域(yu)公共人材開発機構への申請(qing)が必要(yao)です。

STEP1 eラーニング講座を受講する

受講方法

にアクセス、「eラーニング受(shou)講方(fang)法ご案内」をご参照(zhao)ください。

受講の流れ

受講の流れ 図解

STEP2 アクティブ・ラーニング講座を受講する

「Kyoto Alliance」メンバーが提供するアクティブ・ラーニング。科(ke)目のイメージとしては通信教(jiao)育(yu)の「スクーリング」のようなものです。

グローカルセンターで実施するアクティブラーニング「PBL演習申込書(PDF)」

STEP3 初級地域公共政策士 資格認定申請する

e-ラーニング講座一覧

科目名 非(fei)営利組織の理論と実績

講 師 深(shen)尾 昌(chang)峰(龍(long)谷大学政策学部教授)他

内 容 本講(jiang)座は、日本の非営(ying)利組(zu)織の発(fa)展を目指す観点から、非営(ying)利組(zu)織の理(li)論的(de)背景、現(xian)実的(de)意義、これまでの到達(da)について、系統的(de)に学習できるように構成(cheng)されています。

科目名 都市(shi)の現代的振(zhen)興(xing)論(lun)

講 師 矢(shi)作(zuo) 弘(龍谷大(da)学政策(ce)学部 教授)他

内 容 20 世紀後半(ban)~最近までの先(xian)進諸国の都(dou)市(shi)事情(欧米の都(dou)市(shi))、都(dou)市(shi)計(ji)画制(zhi)度、アーバンデザインに関する動向について知り、わが国の地方都(dou)市(shi)の持(chi)続可能性について考(kao)える講義です。

科目名 公共政策学の基礎

講 師 新川 達郎(同志社大(da)学(xue)政策学(xue)部 教授(shou))他(ta)

内 容 この講座(zuo)では、公共政策学(xue)を学(xue)ぶ上で必要とされる基礎的(de)な知識を習得することができます。講座(zuo)を通じて、公共政策学(xue)の基本的(de)なトピックを全般的(de)に学(xue)ぶことができます。

科目名 文化経(jing)済・文化政策論

講 師 阪本 崇(京都橘(ju)大学現代(dai)ビジネス学部 教授)他

内 容 芸(yun)術(shu)や文化(hua)(hua)遺産(chan)をはじめとして、文化(hua)(hua)の生(sheng)産(chan)・消費の経済(ji)的(de)(de)特徴、公(gong)的(de)(de)支援(yuan)の根(gen)拠(ju)と方法(fa)を学んだ上(shang)で、具体的(de)(de)事(shi)例として京都の観光(guang)政策、文化(hua)(hua)財政策について取(qu)り上(shang)げます。

科目名 地域課題解決(jue)に果(guo)たす企(qi)業の役割

講 師 三浦 潔(京都(dou)文(wen)教大(da)学(xue)総合社(she)会(hui)学(xue)部 教授(shou))

内 容 この講座では、企(qi)(qi)業に関する基礎(chu)的(de)な知識を学び、京都の企(qi)(qi)業が取り組む地域課(ke)題解(jie)決の事例を通して、今日の地域課(ke)題解(jie)決の担(dan)い手としての企(qi)(qi)業の役割について考えます。

科目名 地(di)域農業(ye)の再(zai)生・創生

講 師 矢口 芳生(sheng)(福(fu)知(zhi)山公立大学(xue)地域経営学(xue)部 教(jiao)授)他

内 容 地域農業の課題やその対応(ying)事例(li)を学習します。前半4回の講義(yi)では、総(zong)論として地域農業に関する理論を、後半3回の講義(yi)では、農業の6次(ci)産業化(hua)、エコツーリズム等の各事例(li)を紹介します。

科目名 共生の社会学

講 師 大束 貢生(佛(fo)教大学(xue)(xue)社会学(xue)(xue)部(bu) 准教授(shou))

内 容 「身分制社会(hui)」や「貴賤による差別」「競争社会(hui)」「能(neng)力による抑圧・排(pai)除の正当化」を通して、共生(sheng)社会(hui)は可能(neng)なのかについて学びます。

科目名 政策づくり入門
-よい政策が分かる よい事業がつくれる-

講 師 窪田 好男(京都府立(li)大(da)学公共政(zheng)策学部(bu) 教(jiao)授)

内 容 よい政(zheng)策(ce)をつくるために必要(yao)な4要(yao)素(目的、調査(cha)、手法、実現)を学(xue)ぶことで、政(zheng)策(ce)づくりに必要(yao)な能力(li)を習得します。

科目名 公民協(xie)働におけるファシリテーション技(ji)法

講 師 青山 公(gong)三(龍谷大(da)学政策学部 教授)他

内 容 公務員が公民協(xie)働を進めるにあたって必要(yao)なファシリテーションの技(ji)法(fa)を習得することができます。

科目名 地(di)域(yu)に飛(fei)び出す公務(wu)員(yuan)

講 師 山崎 仁士(NPO法人自治創出プラットフォーム
京都(dou)もやいなおしの会  理事長)他

内 容 様(yang)々な公務(wu)員(yuan)の事例を知(zhi)り、これからの公務(wu)員(yuan)に必(bi)要(yao)な姿(zi)勢・考(kao)え方を学ぶことができます。

科目名 地域課題と法政策

講 師 中(zhong)谷 真憲(xian)(京都産(chan)業大学法学部・世界問題研(yan)究所 教授)他

内 容 地(di)域の課(ke)題(ti)を考える際に必要(yao)な公共政策(ce)的な視点(dian)についての紹(shao)介を踏まえ、自治体改革や地(di)域協働、少(shao)子(zi)高(gao)齢化、地(di)域と社会安全という個別課(ke)題(ti)を解決(jue)するための法政策(ce)について学びます。

科目名 地方創生(sheng)における教育(yu)の役割と可能性

講 師 高(gao)見 茂(京都大学(xue)大学(xue)院教育(yu)学(xue)研(yan)究科・教育(yu)学(xue)部 教授)他(ta)

内 容 地域における教(jiao)育の役割について、国内外の事例を参照しながら、その理論(lun)や枠組(zu)みについて学びます。

京都アライアンスとは?

京都(dou)府内の大学・自(zi)治体・NPO・経(jing)済団体等(deng)でつくる地(di)(di)域公共人(ren)材(cai)養成のためのプロジェクトチームです。地(di)(di)方創生カレッジでの講座提(ti)供(gong)もプロジェクトの一つです。 Kyoto Allianceメンバーが その特(te)徴を活かした講座を提(ti)供(gong)します。

〜地方創生カレッジ受講をご検討のみなさんへ〜Kyoto Alliance 代表 龍谷大学政策学部 教授白石 克孝 京都では、大学が中心となって、産学官民が連携して地域公共人材大学連携事業を進めてきました。世界に広がる欧州資格枠組み(EQF)に準拠した教育研修プログラムを開発し、地域公共政策士として認証するシステムを構築しています。京都アライアンスは、大学地域連携の経験を活かして、地方創生カレッジの講座を提供します。

リンク集

特定非営(ying)利活動法人グローカル人材開発センター Copyright ©All Rights Reserved.

ご相談、イベント参加、取材依頼、
ご寄附についてはこちらから